読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Escapism

I trek at Aichi

2016・12・30 竜ヶ岳

2016年の〆として滋賀県三重県の県境にある竜ヶ岳へ行ってきました。

標高は1019m。

前回の悪夢を払拭すべく楽しいハイキングになることを祈りつつ・・・。

 

 

初の鈴鹿山脈はどんな景色を見せてくれるか期待しながらプレイボール! 

 

f:id:keithslim:20170117220424j:plain

 

丸太を渡り

f:id:keithslim:20170117220828j:plain

橋を渡り

f:id:keithslim:20170117220922j:plain

注意の「意」はいずこへ・・・

f:id:keithslim:20170117221110j:plain

なぜこんなホラーな指導標なんだろう。。

なかなか良いと個人的には思いますが(笑)

f:id:keithslim:20170117221235j:plain

そして第一弾のはしご、通称ホチキス針登場。

f:id:keithslim:20170125011539j:plain

ホチキスの針を超えると、目指す竜ヶ岳が姿をあらわす。

ここまでは沢沿いで景色も良かったので新緑の頃来るとさらに綺麗かも。

f:id:keithslim:20170117221522j:plain

第二弾のホチキスの針を登る部長。

「これで槍ヶ岳に登れる」なんて言ってましたが無理だと思います!

 

f:id:keithslim:20170117221701j:plain

ここからついに登り開始!

雪が溶けだしてて歩き難い。

 

ここで約1名体調が悪くなる・・・がよくよく聞くと寝不足なうえに朝食もそこそこにきたらしい。

それ完全にハンガーノックですからー

 

f:id:keithslim:20170117221750j:plain

つららとか久々に見たよね

f:id:keithslim:20170117222024j:plain

急登の途中、あら部長待ってくれてるんだなんて思ったら。

 

f:id:keithslim:20170125011654j:plain

展望が開けてた。

まぁ相変わらず見えてる山の名前は分からないんだけども。

 

f:id:keithslim:20170117222404j:plain

木曽駒に続き今季2回目の樹氷

f:id:keithslim:20170117222521j:plain

なぜか樹林帯抜け稜線が現れる。

この標高で森林限界でもないだろうになんでだろう。

f:id:keithslim:20170125011729j:plain

見えてる山の名前が・・・(デジャブ

f:id:keithslim:20170117222723j:plain

ハンガーノックを初体験したのによく頑張りました(笑)

次からはご飯ちゃんと食べて、行動食も食べようね!

 

f:id:keithslim:20170117222911j:plain

あと少し、

f:id:keithslim:20170117223057j:plain

そしてついに到着し、お決まりの会のタオルと法被が登場。

いつまでその余分な荷物を許容できるのか分からいけど頑張ってくださいね(笑)

 

f:id:keithslim:20170117223233j:plain

遮るものもなく風がビュービューなので写真撮ってすぐ下山。

f:id:keithslim:20170117223401j:plain

とはいえ遮るものがないから景色は絶景。

f:id:keithslim:20170125011811j:plain

振り返ってみたり

f:id:keithslim:20170117223640j:plain

初めて別パーティーとすれ違ってみたり

f:id:keithslim:20170117223812j:plain

迫る樹林帯を前に景色を堪能し

f:id:keithslim:20170117223854j:plain

日の当たらないところは完全に雪山!

やっぱりこのこの時期チェーンスパイクぐらいは持ってこないとダメですね。

前回のヘッドライト同様、山ナメてるといつか痛い目に会うなこれは。

 

f:id:keithslim:20170117224008j:plain

ありがとう楽しかったよ竜ヶ岳。

f:id:keithslim:20170117224112j:plain

こっからは完全な樹林帯。

こっちから登るはどうなんだろう、最初に樹林をこなして、帰り沢沿いの方がいいのかなぁ。。

 

f:id:keithslim:20170117224155j:plain

そして、駐車場まできたら部長が一言。

「鍵がない!」

ザックの中全部出して見なよ!

「ない!」

あーでもないこーでもない、JAF呼ぶ、呼ばないなんてやってると・・・

ウエストベルトのポケットから鍵が・・・

 

いつになったらすんなり帰れる日がくるのだろうか・・・。