読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Escapism

I trek at Aichi

2017・4・23 黒岳→越前岳

DSC_5182.jpg

 

愛鷹山塊最高峰の越前岳に黒岳から縦走してきました。

本来なら富士山を大パノラマで見ながら歩けるはずでしたが・・・。

 

 

DSC_5140.jpg

今回は愛鷹登山口に車をとめ、黒岳・越前岳を経て十里木高原へと下り、バスにて愛鷹登山口へ戻るコースを選択。

 

DSC_5141.jpg

駐車場から登山口まで舗装された林道を少し歩きます。

 

DSC_5143.jpg

この鳥居をくぐりスタート。

 

DSC_5145.jpg

いきなりの急登。

今回はスタートから半袖のNORI君と相変わらず着込んでスタートする部長。

 

DSC_5146.jpg

当然、登り始めてすぐ暑くなる恒例のアレを発動・・・。

 

DSC_5147.jpg

想定外の梯子が現れ戸惑う一同。

 

DSC_5150.jpg

桜?

山の名前ともども花の名前も分かる男になりたい今日この頃。

 

DSC_5154.jpg

黒岳に行ってから越前岳に向かうため右へ。

 

DSC_5155.jpg

今回はよさげな枝が落ちていなかったのかストックを使う(笑)

 

DSC_5156.jpg

富士山ドーンのはずが・・・。

風もなく、登山日和がゆえに雲が流れる気配もなく絶望感が漂う。

 

DSC_5163.jpg

とりあえず黒岳登頂。

 

DSC_5158.jpg

山頂に綺麗な花が咲いてたので写真に収め帰宅後グーグル先生に聞いてみると

ミツマタ」って教えてくれました。

どうやらもう終わり頃のようで、本来なら黄色がもっと鮮やかな花だってことなので、来年はもう少し早く来ようと思ってました。この頃は・・・。

 

富士山はすっかり雲に覆われているため折り返し越前岳を目指します。

先ほどの指導票まで戻り越前岳へと足を踏み入れた一同を待っていたのは・・・。

 

DSC_5169.jpg

DSC_5170.jpg

DSC_5172.jpg

部長の背丈ほども掘れてしまった登山道。

 

DSC_5173.jpg

だんだん霧に覆われる中見上げた登山道がコレだと心が折れるのも時間の問題かもしれない。

 

DSC_5178.jpg

DSC_5180.jpg

迷子になりはしませんかと。。。

 

DSC_5188.jpg

で、登頂したものの。

 

DSC_5184.jpg

富士山は相変わらず雲のなか。

 

DSC_5187.jpg

駿河湾は辛うじて見えるレベル。

何も見えないのでバスの時間を一本早めようと決断したため足早に下山開始。

下山道もしっかり掘れている上に泥濘でるのでカメラはバックパックの中へ。

 

十里木高原の展望台付近でお昼ご飯を食べ、駐車場目の前のバス停が想定していたバス停と違うっていうミッションをこなし、帰宅しました。

今回は富士山を見ながら歩きたいってことで来ましたが、また来るか?って聞かれたら多分もう来ないかなぁ。

あの登山道は楽しくない(笑)!!

 

f:id:keithslim:20170426185245j:plain